シャープ、生き残りへの"賭け"

鴻海を捨てる覚悟でサムスンへ

強者になびくのは世の常である。

シャープは6日、韓国サムスン電子から約103億円の出資を受けることで合意した。3月28日までに実施する第三者割当増資をサムスンの日本法人が1株290円で引き受ける。サムスンの出資比率は約3%、シャープの第5位株主となる。

銀行へ再建計画を提出した昨秋以降、シャープの片山幹雄会長は出資を要請するために取引先を行脚してきた。昨年12月には半導体大手、米クアルコム社から約100億円の出資を引き出すことに成功している。

シャープが出資企業探しに奔走する背景には、財務体質と資金繰りの急悪化がある。昨年12月末時点で自己資本比率は9.6%まで下落しており、資本増強は急務だった。

1年前の3月、シャープは電子器機受託製造(EMS)最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業から9.9%、669億円の出資を受けることで合意した。が、シャープの株価急落で一転、出資条件の再交渉にもつれこんだ。交渉の進展がないまま、今月26日に期限を迎える。

次ページ冷え切った鴻海との仲
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。