シャープ、生き残りへの"賭け"

鴻海を捨てる覚悟でサムスンへ

ただ、条件をクリアできなかった場合でも、2行にできることは限られている。融資引き上げに走れば、シャープの資金繰りは行き詰まってしまうからだ。6月末には3600億円の融資の契約期限が来る。破綻の引き金を引きたくなければ、継続以外の選択肢はない。

9月末には2行が主幹を務める新株予約権付社債(CB)2000億円の償還も待ち受ける。シャープは現在の融資枠内で500億円程度を手当てする算段である。残り1500億円程度はシャープ自身が何らかの方法で調達するか、銀行の追加融資などに頼るよりほかはない。「1000億円規模の追加融資を想像するとぞっとする」(主力行関係者)。

2000億円のCB償還までを見据えれば、100億円程度のサムスンの出資では到底足りない。それでも「サムスンに評価してもらうことで箔がつく。資本提携は額面以上の意味を持っている」とシャープ関係者は期待を込める。

実際、昨年12月にクアルコムから最大100億円規模の出資を受けると発表したことをきっかけに株価は反転した。最安値からは2倍以上の水準で安定している。

シャープは米インテルなど、複数企業へ出資の要請を続けている。シャープの財務体質を懸念して踏み切れないでいる企業が、サムスンの出資で前向きになる可能性はある。出資先を増やすことができれば、金融機関からの新規融資を含め、資金調達の幅は広がっていく──。淡い期待を抱きながら、再建への綱渡りは続いていく。

(撮影:ヒラオカスタジオ、梅谷秀司)

(週刊東洋経済2013年3月16日号)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT