新日鉄住金が「打倒ポスコ」へ生産体制再編

統合後初の中計発表、高炉や圧延など複数設備休止へ

雇用については万全を期す

――君津製鉄所の高炉休止によって余剰人員はどれくらい出て、その方たちはどうシフトするのか。

会見後に記者陣に囲まれる友野社長

友野社長 余剰というのは失礼かもしれないが、溶鉱炉には港から溶銑を運び出すところまで、膨大な範囲の仕事がある。こういった中でまず異動していただいて吸収していく。定年退職の方なども出るだろうし、どうしても当てはまらない方は、ほかの職場に移っていただく。雇用については万全を期す。いろんな場合が出てくるので、これから検討し、組合などとも話し合って決めていく。

――関連企業の業務量はどうなるのか?

友野社長 関連企業へのインパクトはある。ひとつの職場に社員と協力会社の方がいるわけなので、両方に影響がある。

―和歌山製鉄所の新高炉稼働を「当面」延期する、とはいつまでを指すのか。

友野社長 足元全体の量を見た結果、まだスイッチするのは早いと考えている。和歌山製鉄所の新高炉は既存の高炉とまったくツイン(同じ形)なので、操業すると、コスト競争力が出てくる。ただ、容積も大きくした後であり、大きな高炉を低い出銑比で炊くのは効率がよくない。答えとしては「需要次第」となる。

――圧延設備の休止が予定されているが、これは、各製鉄所内の生産集約なのか、ほかの製鉄所にシフトして効率を上げるのか。また、どういった両社の技術があって、こうしたことができるのか。

友野社長 ほとんどの場合、製鉄所を越えて、という整理の仕方になる。なぜできるのかというと、それぞれの個社では、設備やパテントの縛りがあったのが、統合によってそうした制約が外れるからだ。

――製鉄所同士の特徴付けは出てくるのか?

友野社長 製品の特徴、立地の特徴などが出てくる。また機械の特性もある。統合によって組み合わせのオプションは増えた。

――君津製鉄所のほかに、名古屋(第3高炉)や君津(第4高炉)、室蘭(第2高炉)などで、高炉の改修時期を迎えようとしている。改修や投資などのイメージはどうか。

友野社長 私自身は、高炉の寿命という概念は消えつつあると思っている。メンテナンスの技術も操業の技術も進歩している。一番最後に残るのが露天のカーボンれんがでこれが薄くなるとさすがにきついが、これも温度コントロールしながら持たせることができるし、ほとんどの部品は交換できる。経営としてベストのタイミングを寿命といえる。経営的にベストなタイミングでスイッチ、改修していく。

次ページどうする?海外高炉計画
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT