新日鉄・住金の憂鬱、合併直前に大赤字、中韓の増産攻勢で厳しい前途

新日鉄・住金の憂鬱、合併直前に大赤字、中韓の増産攻勢で厳しい前途

10月に合併する新日本製鉄と住友金属工業の業績が悪化している。両社は2012年4~9月期に合計2400億円の特別損失を計上する、と発表した。

新日鉄は収益性が悪化した広畑製鉄所(兵庫県姫路市)と堺製鉄所(堺市)について、資産価値を引き下げる1200億円の減損処理を実施。住金も和歌山製鉄所(和歌山市)の高炉設備などを対象に1200億円の減損処理を行う。新日鉄が事業用資産の減損処理を実施するのは初めて。4~9月期の最終損益は新日鉄が1550億円の赤字、住金が1280億円の赤字になる予定だ。

厳しいのは両社だけではない。直近の7~9月期は高炉メーカーがそろって赤字になる見通しだ(図)。野村証券の松本裕司シニアアナリストは、「減損は厳しい収益環境を反映したもの。中国の供給過剰などでアジア市況の悪化がきつい」と指摘する。

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。