新日鐵住金の厳しい船出

旧2社で純損失3104億円

旧新日本製鐵と旧住友金属工業が10月に合併して誕生した新日鐵住金。粗鋼生産量でアルセロール・ミタルに次ぐ世界2位の鉄鋼メーカーに躍り出た、巨艦の直近業績がまとまった。

11月9日に発表された旧新日鉄の今上期(12年4~9月期)業績は、売上高1兆9182億円(前年同期比5.4%減)、営業損失26億円(前年同期は644億円の営業黒字)、経常利益195億円(前年同期比79.3%減)、純損失1766億円(前年同期は487億円の最終黒字)だった。

一方、旧住金の今上期は、売上高6936億円(前年同期比0.2%増)、営業利益157億円(同61.8%減)、経常利益108億円(同73.9%減)、純損失1338億円(前年同期は323億円の最終損失)だった。

両社を単純合算すると売上高は2兆6118億円、営業利益131億円、経常利益303億円、純損失3105億円となる。

市況軟化や原料価格下落が響く

今上期の旧2社合わせての生産出荷量は、前下期に比べてわずかに増加したが、東アジアにおける市況軟化や、原料価格下落による在庫評価損の発生が響き、収益面では厳しかった。また、製鉄所の減損処理などによって、旧新日鉄が2579億円、旧住金が1456億円の特別損失を計上したことから、大幅な純損失となった。

次ページ13年3月期見通しは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT