新日鉄住金が「打倒ポスコ」へ生産体制再編

統合後初の中計発表、高炉や圧延など複数設備休止へ

将来への布石、攻めも守りも

――今回の中計の3年間は守りなのか攻めなのか。どちらかというと守りという位置づけか。

友野社長 「&(両方)」だと考えてもらいたい。

――設備投資の国内外の比率についてはどう考えているか。国内投資でコスト低減以外のものの立ち上げはあるか。

友野社長 国内外比率は決めていないが、国内はほとんど投資、海外は投融資になると思う。国内の設備投資のイメージはコストカットだけではない。コスト低減や将来のための技術開発もある。

――今は足元を固めている時期なのか、成長に向けて動き出しているのか?

友野社長 これも「&」で考えてほしい。製鉄所は24時間回っており、会社も動いている。足元を固めつつ将来への布石を打っている。

――もう少し長い時間軸での将来像をうかがいたい。売上高や規模感で世界一を目指すのか、指標的なものでいくのか。

友野社長 理念はもちろんだが、理念だけで会社は動かない。社内では数字に落として、各部門でそれをシェアしている。環境変化などもいろいろあるだろうから、それらをモニタリングしながら回していく。統合会社となり、オプションは増えたので、今まで以上にモニタリングのスピードを上げ、舵取りのスピードを上げて企業価値を増やしていきたい。

――それが実現したときは粗鋼の需給、世界経済の動向、原料価格などに影響されず、必ず(目標が)達成されるという見方でよいのか。

友野社長 そういう心意気でやっている。

――量は追わないという話だが、アルセロール・ミタルのような規模ではなく、(利益率の高い)ポスコと戦うということか?

友野社長 よその会社のことを考えて経営しているわけではないので、あまりお答えしないほうがいいかと思う。

――国内は下工程をかなり絞って海外は拡充ということだが、国内は数量的にも落として海外へシフトしていくのか、国内は維持で海外が純粋にオンされるイメージなのか。

友野社長 今回のプランは稼働率を上げていくものなので、量を絞るという考え方はほとんどない。

(撮影:田所千代美)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT