「秘」注目13銘柄も掲載!「四季報」春号必勝法

いよいよ3月15日は『会社四季報』発売

いよいよ投資家待望の『会社四季報』春号(第2集)が3月15日に発売になります。今回では、四季報発売の前後における、勝ち組投資家の必勝行動を紹介します。

このコラム全体では、「四季報矢印活用作戦」として、四季報の会社名欄の隣にある、「矢印の向き」を活用した投資法を連載しています。おかげでこのコラムで紹介した銘柄が、その後に大きく上昇していることがわかります。多くの読者の皆さんが、銘柄選択のヒントとして参考にされているようです。

けれども今回が、はじめてという方は、ぜひとも前回(→記事はこちら)のコラムや、過去のバックナンバーを見ください。では、この矢印が万能であるかどうかといえば、実は、工夫が必要な注意点があります。

そこで、今回のコラムでは、このちょっとした工夫によって、上昇銘柄の発掘の精度をアップするコツを紹介します。勝ち組投資家なら、かなりの方がひそかに行っているといってもよい作業です。

次ページまずは復習から
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。