「秘」注目13銘柄も掲載!「四季報」春号必勝法

いよいよ3月15日は『会社四季報』発売

いよいよ投資家待望の『会社四季報』春号(第2集)が3月15日に発売になります。今回では、四季報発売の前後における、勝ち組投資家の必勝行動を紹介します。

このコラム全体では、「四季報矢印活用作戦」として、四季報の会社名欄の隣にある、「矢印の向き」を活用した投資法を連載しています。おかげでこのコラムで紹介した銘柄が、その後に大きく上昇していることがわかります。多くの読者の皆さんが、銘柄選択のヒントとして参考にされているようです。

けれども今回が、はじめてという方は、ぜひとも前回(→記事はこちら)のコラムや、過去のバックナンバーを見ください。では、この矢印が万能であるかどうかといえば、実は、工夫が必要な注意点があります。

そこで、今回のコラムでは、このちょっとした工夫によって、上昇銘柄の発掘の精度をアップするコツを紹介します。勝ち組投資家なら、かなりの方がひそかに行っているといってもよい作業です。

次ページまずは復習から
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT