「秘」注目13銘柄も掲載!「四季報」春号必勝法

いよいよ3月15日は『会社四季報』発売

いよいよ投資家待望の『会社四季報』春号(第2集)が3月15日に発売になります。今回では、四季報発売の前後における、勝ち組投資家の必勝行動を紹介します。

このコラム全体では、「四季報矢印活用作戦」として、四季報の会社名欄の隣にある、「矢印の向き」を活用した投資法を連載しています。おかげでこのコラムで紹介した銘柄が、その後に大きく上昇していることがわかります。多くの読者の皆さんが、銘柄選択のヒントとして参考にされているようです。

けれども今回が、はじめてという方は、ぜひとも前回(→記事はこちら)のコラムや、過去のバックナンバーを見ください。では、この矢印が万能であるかどうかといえば、実は、工夫が必要な注意点があります。

そこで、今回のコラムでは、このちょっとした工夫によって、上昇銘柄の発掘の精度をアップするコツを紹介します。勝ち組投資家なら、かなりの方がひそかに行っているといってもよい作業です。

次ページまずは復習から
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。