「秘」注目13銘柄も掲載!「四季報」春号必勝法

いよいよ3月15日は『会社四季報』発売

いよいよ投資家待望の『会社四季報』春号(第2集)が3月15日に発売になります。今回では、四季報発売の前後における、勝ち組投資家の必勝行動を紹介します。

このコラム全体では、「四季報矢印活用作戦」として、四季報の会社名欄の隣にある、「矢印の向き」を活用した投資法を連載しています。おかげでこのコラムで紹介した銘柄が、その後に大きく上昇していることがわかります。多くの読者の皆さんが、銘柄選択のヒントとして参考にされているようです。

けれども今回が、はじめてという方は、ぜひとも前回(→記事はこちら)のコラムや、過去のバックナンバーを見ください。では、この矢印が万能であるかどうかといえば、実は、工夫が必要な注意点があります。

そこで、今回のコラムでは、このちょっとした工夫によって、上昇銘柄の発掘の精度をアップするコツを紹介します。勝ち組投資家なら、かなりの方がひそかに行っているといってもよい作業です。

次ページまずは復習から
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT