ドルの下値は1ドル94~95円、その後100円へ

ディーラー歴20年の達人が読む為替

好調な米国経済が、95円を前に足踏みをしていたドル円レートを、96円台まで押し上げた。市場には、マーケットは新たなステージに入った、という期待感がある。引き金になったのは、8日の雇用統計の数字だった。非農業部門の雇用者数が前月比23.6万人増と、市場予想の16万人、1月の11.9万人からはほぼ倍増となり、失業率も1月の7.9%から7.7%に低下した。

つい最近までは、米ドルも弱い通貨だった

米国経済は2012年の後半から回復が、目に見えて顕著になっている。もともと雇用部門の回復は最後のステージで現れるので、雇用の回復が続けば米国の経済の堅調さも長続きするのではないかと期待が高まっている。

昨年11月15日、ドル円は1ドル81円を完全に上抜けして上昇をはじめ、その後4か月にわたり上昇、ついに96円台を回復した。しかし一方で、ほぼ同期間、ドルは円以外に対しては弱い状況が続いていた。この間にユーロドルは1ユーロ1.26ドルから1.37ドル、1ポンドは1.58ドル台から1.63ドル台へ、オーストラリアドルは1豪ドル1.02台から1.05豪ドル台に上昇しており、ドルは弱い状況が2か月ほど続いていた。

次ページ今後も日本銀行から目を離すな
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。