ドルの下値は1ドル94~95円、その後100円へ

ディーラー歴20年の達人が読む為替

好調な米国経済が、95円を前に足踏みをしていたドル円レートを、96円台まで押し上げた。市場には、マーケットは新たなステージに入った、という期待感がある。引き金になったのは、8日の雇用統計の数字だった。非農業部門の雇用者数が前月比23.6万人増と、市場予想の16万人、1月の11.9万人からはほぼ倍増となり、失業率も1月の7.9%から7.7%に低下した。

つい最近までは、米ドルも弱い通貨だった

米国経済は2012年の後半から回復が、目に見えて顕著になっている。もともと雇用部門の回復は最後のステージで現れるので、雇用の回復が続けば米国の経済の堅調さも長続きするのではないかと期待が高まっている。

昨年11月15日、ドル円は1ドル81円を完全に上抜けして上昇をはじめ、その後4か月にわたり上昇、ついに96円台を回復した。しかし一方で、ほぼ同期間、ドルは円以外に対しては弱い状況が続いていた。この間にユーロドルは1ユーロ1.26ドルから1.37ドル、1ポンドは1.58ドル台から1.63ドル台へ、オーストラリアドルは1豪ドル1.02台から1.05豪ドル台に上昇しており、ドルは弱い状況が2か月ほど続いていた。

次ページ今後も日本銀行から目を離すな
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT