秘伝「サプライズ上昇銘柄」の見つけ方

最新『会社四季報』の使い方、教えます

『会社四季報』春号が発売されました。発売されると、投資家の皆さんが真っ先に行うことはそう多くはありません。今回は、発売後の今の時期に行っておけば、次号(夏号)に向けて、大化け出世する可能性が高い候補株をキャッチできる方法を紹介します。

さて、例年よりも早い桜の開花で、日本全国が盛り上がる季節となりました。東京も満開シーズンです。実は、拓殖大学・坂田ゼミナール四季報研究チームでは、例年、『四季報春号』が発売されてから4月中旬までの期間は、「観測活動」を行います。東京都内限定ではありますが、景気を先取るためにも、街のあちこちをウォッチしています。普段は、教室内で四季報や決算短信と格闘しているのですが、季節の変わり目には、街のにぎわいの観測をするというわけです。

東京の都心部で景気回復を実感!?

今回は、ゼミ3年生の鈴木優奈さんが、就職活動の合間を縫って、東京・六本木、赤坂界隈のにぎわいを観測して報告してくれました。六本木では、3月23日、24日に街をあげてアートイベントが終日行われ、普段は18時閉館の美術館が24時まで開館していること。また、赤坂周辺では、お花見や歓送迎会でホテルがにぎわっていることなどがわかりました。

さらに、特筆すべきは、赤坂見附駅に面白い名前のお店を発見してきたことです。「サプライズ」というお店で、テーブルにてマジックを鑑賞できるようです。早速、実際に体験してきました。驚愕のマジックの数々は紹介できませんが、「見ているようで見ていない」ことを痛感しました。

マジシャンの「何気ないしぐさ」の中には、人間の心理を丹念に研究し尽くす、マジックの奥深さがいくつも隠されています。株式投資における投資家の売買行動の心理を探るうえでも、大いに参考になりました。そして、店名である「サプライズ」を見て、株式投資における「サプライズ」を改めて考えるきっかけになりました。サプライズについては、後半でお話しましょう。

次ページもし、いま儲かっているのなら…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT