「秘」注目13銘柄も掲載!「四季報」春号必勝法

いよいよ3月15日は『会社四季報』発売

さて、最後に「ちょっとした工夫」を紹介します。一覧表は、主な再生医療関連銘柄です。昨年、山中教授のノーベル賞受賞から、再生医療関連銘柄は、大きなテーマとなり、にぎわいました。実は、一覧は、東洋経済新報社が会員制として週刊で発行している「株式ウイークリー」で、昨年11月に取り上げられた銘柄なのです。

では、これらの銘柄の四季報の現在発売号(新春号、2012年12月発売)の矢印の向きは、おわかりでしょうか。

矢印の向きは、以下の通りです。
 2395 新日本科学(↓↓)
 4506 住友住友製薬(↑)
 4556 カイノス(→)
 4557 医学生物学研究所(↓↓)
 4570 免疫生物研究所(↓)
 4571 ナノキャリア(↑)
 4582 シンバイオ製薬(↓)
 4583 カイオム・バイオサイエンス(↑)
 4901 富士フィルムHD(↓)
 6501 日立製作所(→)
 7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(→)
 7776 セルシード(↑↑)
 7777 スリー・ディー・マトリックス(→)

マーケットの動きに敏感なみなさんなら、ご承知でしょうが、実は、以上の銘柄は、驚くべき上昇率となっているのです(掲載時との比較)。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT