「秘」注目13銘柄も掲載!「四季報」春号必勝法

いよいよ3月15日は『会社四季報』発売

まずは、おさらいです。矢印は、5種類あるということです。これが、「四季報矢印活用術」のもっとも重要なポイントです。大化け銘柄発掘のための大前提です。忘れてはいけないことは、この矢印が、売上げ、または、利益などの「実績の伸び」ではなく、四季報記者の予想に基づいているということです。矢印活用術をみなさんに紹介しているのは、この点です。株式投資は、「期待によって動き、実績で終わる」ということです。

本当に勝てる投資家は100人のうち、わずか5人程度

では、勝てる投資家の割合を考えてみましょう。マーケットの環境にもよりますが、投資家が100人いるなら、そのうち、利益をあげることができるのは、ざっと20~30人くらいではないでしょうか。

残りの70~80人は損失を被ってしまいます。もし、損失を確定したくない場合は、保有を継続するはずです。人間の心理として、「利益よりも損失に敏感になる」特性がありますから、買値よりも下がっている場合は、「現在、仕込み中」とか、場合によっては、大幅な下落(20%以上)という塩漬け株状態になっていても、「長期投資」と主張する投資家がいます。

さて、20から30人が利益の出る投資家といいましたが、それは、その時という、「時の利」を得たことに他なりません。どんな場合であっても、勝ち続ける、いわば、常勝の投資家は、100人のうち、5人程度のはずです。ですから、利益が出た20から30人であっても、次回の売買では、損失となったり、または、なかなか成果が出なかったりという状況になるのが常です。つまり、多くの投資家の場合は、勝ち・負けの繰り返しになるということです。これが、投資哲学の根幹、つまり、「投資道」です。今回利益が出た場合は、たまたま利益が出たと、謙虚になり、まずは、利益確定を急ぐという姿勢が大切です。

次ページ矢印の見方をしっかり学ぼう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT