複雑すぎるカリスマ、アマゾンCEO大解剖

カリスマ風を吹かせる時間すらムダ?

もはや1994年の創設当初のオンライン書店からは考えられないような、複雑な業態だ。ワンクリックで支払いができるとか、商品を買ったユーザーの評価を掲載するとか、第三者の商店がアマゾン上で店を開くといった前代未聞のことも、ここで起こった。すべて、ベゾスのビジョンと超先端のテクノロジーの力を組み合わせた結果だ。

新しい実験は、ピザ2つ分のチームで

そして、イノベーションのためにはリスクをいとわない。彼は、社員がこれまで経験のない分野でも、ゲリラ的に道を見いだしていくことを歓迎しているという。

新しい実験に乗り出す時は、「ピザ2つ分」サイズのチームを作り、少人数で集中させる。「ピザ2つ分」というのは、アメリカ人の食欲を持ってすれば5、6人というところだろう。硬直した組織構造を離れて、脱中心的な方法でイノベーションは起こるという考えだ。アマゾンは現在、スマートフォンを準備しているといううわさもある。

ベゾスは、1964年にティーンエージャーの両親の元に生まれ、母がその後再婚した継父のベゾス名を受け継いだ。小さい頃から多才で、3歳の頃には、おりのような乳児用寝台に飽きて、自分で解体し平らなベッドに改造してしまったという。若い頃、毎夏を過ごした祖父の農場では、工夫を凝らして何でも自分でやることを覚えた。発明心と粘り強さは、このときの産物だ。

プリンストン大学で物理学とコンピュータ科学を学び、卒業後はスタートアップや金融関連企業に務めた。ニューヨークのヘッジファンドで副社長にまで上り詰めていたが、インターネットが発展していくのに魅了されて辞職。妻と2人で車で西海岸へ向かい、その間にアマゾンのビジネスプランを考えたというのは、有名な話だ。ちなみに妻は職場の同僚だが、ベゾスは「発展途上国で投獄されても、ちゃんと救い出してくれるような、臨機の才のある女性」を求めていたという。

その後のアマゾンの発展はご存知のとおり。ドットコムバブルの崩壊も景気後退もくぐり抜け、今や人々の生活のなくてはならない伴侶になっている。

インターネットの商人であって超レベルのテクノロジーおたく。そしてテクノロジーの未来を見通すビジョナリーでありながら、細部にこだわる経営者。ジェフ・ベゾスは、これまでのパターンにあてはまらない複雑なカリスマなのである。

人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。