宇宙で"ノー残業"、星出飛行士の段取り術

器用じゃなくても、重大ミッションを大量にこなす

「段取りなし状態です(笑)。地上も宇宙の我々も想定していなかった。リアルタイムで地上と議論しながら進めるしかない。地上が提案する作業を1つずつやっていきました」

地上には専門家や船外活動経験の豊富な宇宙飛行士も集まり、対応を協議していた。1回の船外活動は、酸素量などの制限から、通常約6時間半で行われる。限られた時間の中で『事態をこれ以上悪くしない』よう、細心の注意を払いながら、作業を進めることが優先されたという。

船外活動では、難しい仕事が連続した
(出典:JAXA/NASA)

星出もまた、自分に何ができるのか、必死に考えていた。

「宇宙で作業をしているのは自分たちだから、作業しながら見えるもの、感じること、例えばネジを回したときにどのくらいの反力があるかを、言葉で伝えていった。こうやってみたらどうだろうと、作業を提案することもありました。

ただし、宇宙飛行士が話す時は、地上側は議論をストップして聞かなければならないので、必要以上のことは話さないように気をつけていましたね」

宇宙からの一方的な会話は、却って地上チームの議論を妨げる恐れがあることを星出は知っていた。過去、NASAの管制チームで宇宙飛行士と交信を担当するCAPCOMを何度も務めていた経験から、地上の管制チームの状況が容易に想像できたのだ。

地上で交信担当であるCAPCOMを務めた経験が、相互理解に役立った
(出典:JAXA/NASA)

船外活動は予定の時間を大幅に上回る8時間17分かかって、ついに終了した。冷静で確実な作業と、チームワークを重視した星出の仕事ぶりは、NASAに高く評価された。

船外活動は大変な仕事であるが宇宙飛行士にとっては憧れの「晴れ舞台」である。

当初、星出らの滞在中の船外活動は1回しか計画されていなかった。だが、完了しなかった装置の取り付けのため、急きょ2回目の船外活動が計画された。星出は1回目の作業の手際よさを高く評価され、もう一度、船外活動の大役を担うことになる。

次ページその場にあった歯ブラシで、トラブル解決
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT