宇宙で"ノー残業"、星出飛行士の段取り術

器用じゃなくても、重大ミッションを大量にこなす

宇宙出張中、日々の仕事の中では疲れていないと思っても、金曜日には一週間分の疲れが蓄積すると感じたこともあった。万一、緊急事態が起こった場合に備えて、対処できる余力は残さないといけない。

だから第1回目の船外活動が終わったとき、トラブルの原因や対策が気になったものの、次の船外活動に備えて重要視したのは「身体を休める」こと、そして宇宙服のメンテナンスだったという。

船外活動の準備など、まずは自分にしかできないこと、自己管理を優先することが重要
(出典:JAXA/NASA)

バッテリーを再充電し、二酸化炭素の除去装置を再度使えるように準備する。それらはISSにいる自分たちにしかできないことだし、次の船外活動を安全に行う、つまり命を守るためにも必要な準備だった。

星出飛行士は宇宙飛行士に3回挑戦し、3度目でやっと夢を掴んだ人である。1回目の挑戦の後、NASDAに入社しエンジニアとしてロケットの開発に関わり、宇宙飛行士の技術支援を担当、「きぼう」実験棟開発も間近で見ていた。これら全ての”裏方”としての経験が、宇宙飛行に生かされている。

星出が打ち上げの時に有志の仲間たちが作ったTシャツには、親しみをこめて宇宙服を着たおさるが描かれていた。「宇宙飛行士というよりは仲間。もっとも親しみやすい宇宙飛行士」と関連メーカー関係者との間も近い。

宇宙飛行士になる前から星出をよく知る関係者は、「同時にたくさんのことをやる器用さはないけれど、事前にやるべきこと、順番を整理したうえで、結果としてたくさんのミッションを達成していくタイプ」と評する。

器用な人という印象を持っていただけに意外な気がした。だが自分が器用ではないと自覚しているからこそ、準備を念入りにし、確実に1つひとつの仕事をこなした。そして結果的に、”残業なし”で多くの仕事を成功に導くことができたと言えるのではないだろうか。(=敬称略=)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT