「ソーシャル」が変えるブランドの役割

タイの麻薬撲滅NPOとブランド戦略

ビジネスとNPOの境がなくなる時

2010年3月、私は「黄金の三角地帯」として有名なタイ、ミャンマー、ラオス国境の「Doi Tung」地区を訪れました。タイの地元警察車両に先導されて登ってきた山の頂一帯は、以前ケシの栽培と麻薬の密造で悪名高い地域でした。

貧困にあえぐこの地域の農民を救うために1988年に立ち上がったのがプミポン国王の母、シーナカリン王太后です。以来、タイ王室関係者の手によるNPO「Doi Tungプロジェクト」は、コーヒー豆や花などの栽培農業、伝統工芸品の製造販売、観光、ショップ展開などを通して雇用促進と地域発展を支援してきました。

そんなNPOが私を呼んだのは「Doi Tung」をブランド化する必要に迫られてのことでした。「Doi Tung」はNPOですから、利益を上げることが目的ではありません。しかし、貧困地域の持続的発展をさらに推進するためには、再投資に回す資金を自ら稼ぎ出す必要があるのです。以前のNPOは寄付に頼ることが多かったのですが、プロジェクトを自律的に発展させてより多くの農民を支援したり、あるいはそのノウハウを海外で提供してグローバルな運動にしていくためには、資金が必要です。

そのための切り札がブランド育成です。同じスペック、同じ品質の商品であれば、より高いブランドイメージを持つ商品のほうが「たくさん売れる」「高く売れる」「長く売れる」といったメリットを持ちます。「Doi Tung」の運営にかかわる人たちは、プロジェクトの持続的発展のためのブランド戦略を構築しようとしていたのです。

「利益を上げてそれを再投資して事業を発展させる」という考え方は、民間のビジネスと何ら変わりはありません。NPOにもブランド戦略のような価値創造のノウハウが必要になっています。

次ページ社員と経営陣の力関係が逆転
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT