国境なき医師団、日本での寄付集めに苦戦中

国境なき医師団 エリック・ウアネス日本事務局長に聞く

国境なき医師団――世界60カ国で援助活動を行っているこの団体を知らない人はいないだろう。が、過酷な活動の最前線や、100%寄付に頼っている現実は知られていない。その実態を国境なき医師団・日本事務局長のエリック・ウアネス氏に聞いた。

関連記事:「国境なき医師団」の厳しい現実

国境なき医師団(MSF)の活動はすべて寄付によって支えられている。しかも、寄付の約9割は個人によるものだ。原則、兵器産業や企業の宣伝に使われるような寄付は断っている。

多くのNGOやNPOがそうであるように、MSFも集めた資金がどう使われたのか、その収支報告は極めて透明性の高いものとなっている。最近、日本では東日本大震災の復興予算が関係のない事業に使われたことが問題になったが、集めた寄付を正しい目的に使うことが重要であり、正しく使う団体を選ぶ「目」が必要だ。米国には収支の透明性などを総合的かつ客観的に評価する「番人(watchdog)」と呼ばれる制度があり、MSFはトップ3にランクされている。

日本の寄付市場は年々拡大してきた。特に、東日本大震災があった2011年は過去最高額となった。しかし、その後は減少、特にMSF日本への寄付は大きく減少している。

次ページ日本では倍のコストがかかる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT