国境なき医師団、日本での寄付集めに苦戦中 国境なき医師団 エリック・ウアネス日本事務局長に聞く

拡大
縮小
国境なき医師団――世界60カ国で援助活動を行っているこの団体を知らない人はいないだろう。が、過酷な活動の最前線や、100%寄付に頼っている現実は知られていない。その実態を国境なき医師団・日本事務局長のエリック・ウアネス氏に聞いた。

関連記事:「国境なき医師団」の厳しい現実

国境なき医師団(MSF)の活動はすべて寄付によって支えられている。しかも、寄付の約9割は個人によるものだ。原則、兵器産業や企業の宣伝に使われるような寄付は断っている。

多くのNGOやNPOがそうであるように、MSFも集めた資金がどう使われたのか、その収支報告は極めて透明性の高いものとなっている。最近、日本では東日本大震災の復興予算が関係のない事業に使われたことが問題になったが、集めた寄付を正しい目的に使うことが重要であり、正しく使う団体を選ぶ「目」が必要だ。米国には収支の透明性などを総合的かつ客観的に評価する「番人(watchdog)」と呼ばれる制度があり、MSFはトップ3にランクされている。

日本の寄付市場は年々拡大してきた。特に、東日本大震災があった2011年は過去最高額となった。しかし、その後は減少、特にMSF日本への寄付は大きく減少している。

次ページ日本では倍のコストがかかる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT