国境なき医師団、日本での寄付集めに苦戦中

国境なき医師団 エリック・ウアネス日本事務局長に聞く

欧米と日本では、寄付の考え方が大きく違うということはない。ただ、日本は島国文化からなのか、助け合いの精神は強いが、内向きだ。これに対して、特に欧州は歴史的、地理的にも植民地との関係が深く、外国への感心が高いこともあり、意識が外向きだ。日本人も自国の影響力を自覚し、もっと外向きになって国際問題に向き合い、世界の悲惨な現実を知るべきだ。

寄付集めでの日本と欧米の違い

寄付集めでは欧米との違いを感じる。日本は先進国の中で寄付を集めるためのコストが非常に高い。たとえば、米国では100ドル集めるのに12ドルかかるのに対して、日本は2倍の24ドルもかかる。

エリック・ウアネス
国境なき医師団・日本事務局長
1967年生まれ。95年エセック経済商科大学大学院修了。2002年同団体に参加、活動責任者などを歴任。05年より現職。

欧米では郵便料金、印刷費、銀行などの手数料、広告掲載料などNGO向けの料金設定があるが、日本には少ない。バス停にケガをした難民が写っているポスターを張りたくても自治体から許可されないこともある。また、寄付金を集めるための広告やDMを打つと非難されることもある。こうしたことが日本での寄付金集めの難しさにつながっている。

世界各国のMSFは、財政的には独立採算で活動を行っているが、100%寄付に頼っているので、寄付が減少すれば、支出も減らさざるをえない。活動は縮小していくことになる。MSF日本は寄付収入が増え続けていたが、昨年初めて減少した。

MSFでは、6~9カ月分の剰余金を維持することが基本ポリシーとなっている。しかし、MSF日本の昨年末の剰余金は3.5カ月分になった。支出は抑制しているが、このままでは今年前半には剰余金ゼロになる可能性がある。

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT