ロボット手術は、いったい何がスゴイのか

「ダヴィンチ」は患部を正確に切り取る!

ダヴィンチを使っての手術でも、経験を積んで慣れるのが一番とのこと

「上手い、上手い! 素晴らしい、スムーズですね」

褒められているのは私だ。生まれて初めて、手術支援ロボット「daVinci Surgical System(通称:ダヴィンチ)」を操作しているのだが、じつにクール!椅子に腰掛けてコンソールに向かい、備え付けのビューアをのぞき込み、親指と人差し指でコントローラーを操作すると、隣の手術台で、大きなアームの先に付いた小さなハサミのような鉗子が動く。

操作感は実に直感的

この連載の一覧はこちら

ただし、私が動かす鉗子の先にあるのは誰かの体ではなく、練習用の、唐辛子の輪切りのような輪ゴム。これを針金に通したり外したりする基本的なトレーニングを行っているのだ。操作感は実に直感的。ある程度ゲームの経験のある人なら、割と簡単に使えるのではないか。ただし、どれが血管でどれが臓器なのかすら区別は付かないので、素人ではもちろん無理だ。

ここは東京医科大学病院にあるダヴィンチのトレーニング室。あらかじめ写真で見ていた広々とした手術室に比べると、かなりコンパクト、はっきりいえばかなり狭い部屋に、操作トレーニング専用のダヴィンチが置かれている。

ダヴィンチについては、少し解説が必要かも知れない。15世紀イタリアのマルチな才能の持ち主の名をつけられたその手術支援ロボットは、米インテュイティヴ・サージカルが開発した、医師による手術を文字通り“支援”するロボットだ。なので、ロボットと言っても自律的に動くわけでも、人型をしているわけでもない。もともとは、遠く離れた戦場での遠隔手術を可能にするため、インターネットの開祖として知られる米国防高等研究計画局(DARPA)が開発したものだ。日本へは2002年に上陸した。

次ページ遠く離れた戦場での遠隔手術を可能にするため
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT