がんを狙い撃ち!陽子線治療の精緻な仕掛け

先端医療を支えているのはテクノロジーだ

北海道大学病院陽子線がん治療センターの加速器。病室の外にはこんな大掛かりな設備がつながっている(写真提供:日立製作所)
長らくお休みをいただいておりました『成毛眞の技術探検』、シーズン2はその範囲を医療と健康にぐぐっと絞り込み、メディカル&ヘルスケア最新事情を探ります。

 がんに有効な治療法、陽子線治療

この連載の一覧はこちら

俳優の菅原文太と作家のなかにし礼。両者の共通点に即座に気付く人は、かなりの陽子線治療ツウとお見受けする。ふたりはそれぞれ膀胱がんと食道がんの治療を陽子線治療によって乗り越えているからだ。菅原文太は陽子線治療で膀胱全摘出を免れたし、なかにし礼は陽子線治療の様子を『生きる力』という本で告白している。

陽子線治療は、がんに有効な治療法のひとつだ。

がん治療には大きく分けて抗癌剤などの化学(薬物)療法、外科療法つまり手術、そして放射線療法の3つがある。

放射線療法で最も歴史が古いのはX線治療だ。すでに100年の歴史がある治療法だが、技術開発が進み放射線治療の主流になっている。X線とは非常に短い波長の光である。波長が短いとはつまりエネルギーが高いということ。その高いエネルギーの光子をがん細胞にぶつけることでがん細胞のDNAを破壊して殺してしまうのだ。

一方、最近注目されている粒子線療法は水素の陽子やそれよりも重い原子核を光速近くまで加速してがん細胞に当てる技術だ。前者を陽子線治療、後者を重粒子線治療という。X線治療と同様にがん細胞のDNAを破壊する。

粒子線治療には、切らないので痛くない、患部を狙い撃ちできる、したがって患者の生活や体への負担が少ないといった特徴がある。陽子線治療を小児がんの治療以外に用いる場合は保険適応外であるものの、たとえば筑波大学陽子線医学利用研究センターでは、2001年度には50名未満だった治療人数が、2013年度には400人を超えているほど、受ける人が増えている治療でもある。

次ページ陽子線治療システムでシェアを争う日本の会社
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT