業種別「新・企業力ランキング」ベスト20

2013年版 主要18業種の上位企業は?

上位進出が目立った医薬

「パルプ・紙/化学」はどうか。2業種でまとめたが上位20社すべて化学。パルプ・紙のトップは総合370位の中央紙器工業(3120点)だった。化学首位は信越化学工業(全体順位16位)。塩ビ、半導体シリコンウエハで世界トップ、好財務ぶりが光った。さらに規模も高得点だった。続くのはドクターシーラボ(19位)で、コラーゲン主成分の新興化粧品メーカー。規模こそ548点と低いが、成長性、収益性、安全性はいずれも900点を上回った。

「医薬品」では、全体順位4位の武田薬品工業の次は、初登場の大塚ホールディングス(同7位)。一般向け機能性食品などのイメージが強いが、抗精神病薬が主力で成長性と安全性が高い。アステラス製薬、第一三共など、国際市場で世界のガリバー企業と伍していかなければならない企業が続く中、沢井製薬(87位)はジェネリック医薬品の有力メーカー。国内の医療費抑制の波に乗って成長性が高得点だった。

「石油・石炭/ゴム/ガラス・土石」はどうだろう。上位3社は各業界のトップ企業が順当に並んだ。ブリヂストン(全体順位25位)はタイヤシェア世界トップ、旭硝子(35位)は建築・自動車ガラスで世界最大級、JXホールディングス(46位)は石油精製で国内断トツだ。いずれも規模の指標は1000点の満点となっている。だが、等方性黒鉛の世界シェアトップの東洋炭素(524位、ガラス・土石)、伝動用ベルトに強みのニッタ(632位、ゴム)などニッチ企業も業種20社に入ってくるのが、日本の製造業の強みだ。

次ページ電機や機械のトップは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT