「新・企業力ランキング」トップ20の推移

自動車、鉄鋼が姿を消し、ITなど内需台頭

安定してランキング上位に君臨する武田薬品

※最新の新・企業力関連ランキングはこちら

最新版「新・企業力ランキング」トップ300

業種別「新・企業力ランキング」ベスト20

東洋経済が毎年作成し今回で7回目となる「新・企業力ランキング」。財務面から企業の真の力を探ろうというものだが、その7年分のランキングの推移から、栄枯盛衰を見てみよう。

7年間の栄枯盛衰

過去7回でトップとなった企業はわずか3社。任天堂が3回。武田薬品工業、国際石油開発帝石がそれぞれ2回と特定企業に集中している。いずれもトップ時の利益率が非常に高いという特徴がある。たとえば今回2年連続でトップとなった国際石油開発帝石の2012年までの3年平均売上高営業利益率は57.0%という高さ。利益を稼ぐことが自己資本の充実など他指標の向上につながり高評価となっている。

第1回と第7回とで上位20位に入っているのは、ヤフー、武田薬品工業、NTTドコモ、キヤノンなど7社のみ。上位企業は次々と入れ替わり、自動車、鉄鋼などの存在感は薄くなっていた。

次ページ10年~08年の上位企業は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。