ポケモンGOの安全対策は、十分といえるのか

ユーザーの「自己責任」、どこまで成り立つ?

「ポケモンGO」の大ヒットは、ARゲームについて様々な問題を提起していくきっかけになるだろう(撮影:今井康一)

日本で「ポケモンGO」がリリースされたのが7月22日のこと。リリース当初に比べれば少しブームも落ち着いてきた印象があるが、8月に入ってからも、まだまだ「ポケモントレーナー」としてスマホの画面に見入っている人は多い。「ポケモンGO」は、位置情報を活用したAR〔Augmented Reality(拡張現実)〕ゲーム。この特殊性もあり、ユーザーはスマートフォンを持って街を歩き回ることになる。一般的なゲームのように、スクリーンの中だけで完結しないことが、特徴的だ。

今回の免責事項の内容は、やはり珍しい

「ポケモンGO」を配信するNiantic,Inc(以下、ナイアンティック社)も、利用規約の中でこうしたことを意識した免責条項を入れている。以前の記事(「ポケモンGO」利用規約に仕組まれた"ワナ")でも紹介した「安全なプレイ」という表題がつけられた条項だ。この条項において、「本サービスの利用中に被る可能性のある損害」に関し、「健康保険、損害賠償保険」はもちろん、「災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険」についてもユーザーの責任において維持することに、同意するものとされているのだ。

どのようなサービスを提供する事業者でも、最大限自社の責任を回避する姿勢を持つことは当然だ。しかし、保険にまで言及する内容の規約はあまり見かけない。フリマアプリを運営するベンチャー企業、メルカリで法務を担当する岡本杏莉弁護士は「事業者の免責規定が利用規約に定められていることは一般的。ただ、医療保険や生命保険への加入に同意することを明記するゲームの規約は珍しく、ARゲームという特殊性に配慮したものだと考えられる」と話す。

次ページ免責事項があっても、責任を負う可能性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT