ポケモンGOの安全対策は、十分といえるのか

ユーザーの「自己責任」、どこまで成り立つ?

「ポケモンGO」の大ヒットは、ARゲームについて様々な問題を提起していくきっかけになるだろう(撮影:今井康一)

日本で「ポケモンGO」がリリースされたのが7月22日のこと。リリース当初に比べれば少しブームも落ち着いてきた印象があるが、8月に入ってからも、まだまだ「ポケモントレーナー」としてスマホの画面に見入っている人は多い。「ポケモンGO」は、位置情報を活用したAR〔Augmented Reality(拡張現実)〕ゲーム。この特殊性もあり、ユーザーはスマートフォンを持って街を歩き回ることになる。一般的なゲームのように、スクリーンの中だけで完結しないことが、特徴的だ。

今回の免責事項の内容は、やはり珍しい

「ポケモンGO」を配信するNiantic,Inc(以下、ナイアンティック社)も、利用規約の中でこうしたことを意識した免責条項を入れている。以前の記事(「ポケモンGO」利用規約に仕組まれた"ワナ")でも紹介した「安全なプレイ」という表題がつけられた条項だ。この条項において、「本サービスの利用中に被る可能性のある損害」に関し、「健康保険、損害賠償保険」はもちろん、「災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険」についてもユーザーの責任において維持することに、同意するものとされているのだ。

どのようなサービスを提供する事業者でも、最大限自社の責任を回避する姿勢を持つことは当然だ。しかし、保険にまで言及する内容の規約はあまり見かけない。フリマアプリを運営するベンチャー企業、メルカリで法務を担当する岡本杏莉弁護士は「事業者の免責規定が利用規約に定められていることは一般的。ただ、医療保険や生命保険への加入に同意することを明記するゲームの規約は珍しく、ARゲームという特殊性に配慮したものだと考えられる」と話す。

次ページ免責事項があっても、責任を負う可能性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。