私が日銀新総裁にしたい人物

日本社会が失った目利きの重要性

 

日銀人事では、小幡氏が推薦すると選ばれない形に。まるでデスノートのようだ(写真は白川方明日銀総裁)

 

私は、白川方明日銀総裁の再任を押し、それが無理ならば、と福井俊彦元総裁の復帰を推した。5年前、私はデスノートのような存在で、5年前に候補に挙がってつぶされた人々は、すべて私と親しい方々だった。だから、今回も、私の指名は不吉なのかもしれない。ある週刊誌でのインタビューでは、元財務省財務官の渡邊 博史氏を推したが、そのせいか、いまのところ可能性は低そうだ。

日本社会は目利きの重要性をわかっていない

しかし、彼は、私が押している点以外は完璧で、これ以上の候補者はいないだろう。真の問題は、彼が総裁の候補に挙がっていないことだ。

彼は5年前、参議院で不同意となった。だから、もうない、ということだが、過去の不同意は関係ないという流れもあるから、それは違うだろう。そうだとすると、なぜ彼が候補に挙がらないのか。そこに、日本経済いや、日本社会全体の問題があると思う。

その問題とは、目利きの重要性を認識していないことである。日本社会は目利きの重要性をわかっていない人々が多すぎる。音楽や書籍の例で考えてみよう。

次ページ目利きの重要性とは?
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。