次期日銀総裁、私の推薦は「砂糖なし」

吉崎 達彦が読む「ちょっと先」のマーケット

お手持ちの紙幣をご覧あれ。1万円札でも1000円札でも、何でも結構。真ん中のやや左下に赤いハンコが押してある(写真は赤いハンコを真ん中にして撮影)。この漢字4文字、何て読むのかご存じだろうか。

あえて赤いハンコを真ん中にして撮影。このハンコの正体は・・・?

答えは「総裁之印」。これがドル紙幣であれば、米国の財務長官のサインが書かれるところだが、日本の場合はやはりハンコが使われている。余談になるが、次期米財務長官となる予定のジャック・ルー氏は、あまりにも落書きみたいなサインをする人なんで、オバマ大統領から「もっとちゃんとしたサインに変えること」を長官就任の条件にされてしまった。だって、ドル紙幣に落書きみたいなサインがあったら、国家の品位にかかわっちゃうでしょ?

「日本銀行券」の本質とは?

さて、日本銀行総裁の机の上には、このハンコの本物が置いてある。つまり円の紙幣とは、「日本銀行総裁はあなたにXX円借りています」という借用証書でもある。そう思ってよくよく見ると、「おカネの不思議」がちょっとだけ実感されるのではないだろうか。

よく知られているとおり、日本銀行のバランスシートでは、「現金」(発行銀行券)という項目は右方、つまり負債の部に置かれている。つまり中央銀行が「借り」と言ってくれているのだが、それを裏付ける担保は何もない。

次ページ次の日銀総裁の人事を展望すると・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。