次期日銀総裁、私の推薦は「砂糖なし」

吉崎 達彦が読む「ちょっと先」のマーケット

お手持ちの紙幣をご覧あれ。1万円札でも1000円札でも、何でも結構。真ん中のやや左下に赤いハンコが押してある(写真は赤いハンコを真ん中にして撮影)。この漢字4文字、何て読むのかご存じだろうか。

あえて赤いハンコを真ん中にして撮影。このハンコの正体は・・・?

答えは「総裁之印」。これがドル紙幣であれば、米国の財務長官のサインが書かれるところだが、日本の場合はやはりハンコが使われている。余談になるが、次期米財務長官となる予定のジャック・ルー氏は、あまりにも落書きみたいなサインをする人なんで、オバマ大統領から「もっとちゃんとしたサインに変えること」を長官就任の条件にされてしまった。だって、ドル紙幣に落書きみたいなサインがあったら、国家の品位にかかわっちゃうでしょ?

「日本銀行券」の本質とは?

さて、日本銀行総裁の机の上には、このハンコの本物が置いてある。つまり円の紙幣とは、「日本銀行総裁はあなたにXX円借りています」という借用証書でもある。そう思ってよくよく見ると、「おカネの不思議」がちょっとだけ実感されるのではないだろうか。

よく知られているとおり、日本銀行のバランスシートでは、「現金」(発行銀行券)という項目は右方、つまり負債の部に置かれている。つまり中央銀行が「借り」と言ってくれているのだが、それを裏付ける担保は何もない。

次ページ次の日銀総裁の人事を展望すると・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT