アベノミクス相場「第二幕」の始まりはいつか

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

  安倍政権と市場の「いいムード」はいつまで続くか

 アベノミクス相場の「第一幕」は終了した

野田佳彦前首相が解散を「やりましょう」といってからスタートし、安倍晋三首相が掲げる金融政策に注目が集まった「アベノミクス相場」は、1月22日に政府と日銀の共同声明が出て、「第一幕」が終わったように見える。

共同声明の内容は、日銀が「2%の目標」を明確に掲げた点で反応としての最低線をクリアしていたものの、今後の日銀の行動に曖昧さの余地を多数残す、「コミットメント」としては市場の期待を下回るものだった。結局、これまでのドル円と日経平均株価の上昇相場の「利食い」もあって、市場の反応は、為替が1円円高、株価が200円安といった、「失望売り」の形になった。

日経平均では、短期間に2000円以上も上昇したのだ。仮に、今後も上昇相場が続くとしても(先のことはわからないが…)、この辺でスピード調節があってもおかしくない。

次ページ相場が今後上昇するにしても、調整は必要だ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?