アベノミクス相場「第二幕」の始まりはいつか 山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

根岸Sの本命はトウショウカズンを抜擢

先のことを考えて今打つ手を考えなければならないのは、競走馬も同じだ。1月27日、日曜日の府中(東京競馬場)のメイン(11R)、根岸ステークス(GⅢ、4歳以上オープン、別定)は、厳冬期の調子と、1ハロン距離が長いダートのGⅠフェブラリーステークス(2月17日)との兼ね合いを考えなければならない。基本的に、後を狙う馬よりも、この条件を狙って来た馬を買ってみたい。

本命には12月にレースを使って叩き2戦目、鞍上にルメールを配したトウショウカズンを抜擢してみたい。前走、12月23日のギャラクシーステークスでは4歳のガンジスに僅差で敗れているが、当時ガンジスが順調に使っているのに対してトウショウカズンは休み明けだった。先行力のある同馬をゴール前、ルメールの腕でひと頑張り。父クロフネも府中のダート1400mにイメージが合うし、大型馬の叩き二走目でもある。

差のない対抗はガンジスで、府中ダートも、距離の1400mも得意で、順調に使われている。一番人気はこちらだろう。配当の妙味を考えると前記馬に力が入るが、ガンジスから単穴、連下への馬券も押さえておきたい。

単穴はダート短距離が合うエーシンウェズン、以下、実績のあるテスタマッタ、セイクリムズン、左回りダートに良績あるアドマイヤロイヤル、まで。

山崎 元 経済評論家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

やまざき はじめ / Hajime Yamazaki

1958年札幌市生まれ。東京大学経済学部卒業。経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、株式会社マイベンチマーク代表(投資と投資教育のコンサルティング会社)と複数の肩書を持つ。三菱商事、野村投資信託、住友信託銀行、メリルリンチ証券など計12回の転職経験を生かし、お金の運用、経済一般、転職と自己啓発などの分野で活動中。著書に『超簡単 お金の運用術』(朝日新聞出版)『「投資バカ」につける薬』(講談社)『お金がふえるシンプルな考え方』(ダイヤモンド社)など著書多数。馬券戦略は馬連が基本。【2024年1月5日編集部追記】2024年1月1日、山崎元さんは逝去されました。心から哀悼の意を捧げ、ご冥福をお祈りします。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT