13年はアメリカ経済復活元年になる

ぐっちーさんが読むアメリカ

今年はアメリカ経済復活元年になるのではないか、と踏んでいます。

昨年10月からの住宅着工件数の改善は劇的です。根雪のように残っていた住宅ローンのネガティブエクイティーがFRB(米連邦準備制度理事会)のMBS(資産担保証券)買い上げによって、かなり解消しました。

同時に連銀が買い上げくれるので住宅ローンの証券化がたやすくなったため、銀行が住宅ローンを供与しやすくなってきており、それにつれて需要が刺激され、まず在庫が劇的に減少。そして住宅価格が上昇、いよいよ動き出した、と言えるでしょう。

アメリカと日本の住宅市場は「まったくの別物」

実際はレベル自体はまだまだ低く、住宅着工は年率換算で100万戸を超えるか超えないかというところです。実はこれですと、せいぜい1990年代前半のレベルなのでありまして、アメリカはそれこそ「失われた20年」になってしまうわけですが、最悪期が年率換算で50万戸を切っていた現実から考えてみれば、よく戻してきたと言えるのではないでしょうか。

この住宅セクター、日本の住宅市場を想像すると間違います。日本よりよほど大がかりな仕組みができており、それにかかわるセールス、広告、更にローンの売りこみ、借り換えを施すセールスなどなど、膨大な人間がかかわるビッグマーケットなのです。

従いまして、雇用面でも製造業(GDPのせいぜい8%)が回復するより、この住宅セクターの回復が与える影響はかなり大きいと考えねばなりません。

次ページアメリカの住宅市場の回復は本物だ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT