13年はアメリカ経済復活元年になる

ぐっちーさんが読むアメリカ

今年はアメリカ経済復活元年になるのではないか、と踏んでいます。

昨年10月からの住宅着工件数の改善は劇的です。根雪のように残っていた住宅ローンのネガティブエクイティーがFRB(米連邦準備制度理事会)のMBS(資産担保証券)買い上げによって、かなり解消しました。

同時に連銀が買い上げくれるので住宅ローンの証券化がたやすくなったため、銀行が住宅ローンを供与しやすくなってきており、それにつれて需要が刺激され、まず在庫が劇的に減少。そして住宅価格が上昇、いよいよ動き出した、と言えるでしょう。

アメリカと日本の住宅市場は「まったくの別物」

実際はレベル自体はまだまだ低く、住宅着工は年率換算で100万戸を超えるか超えないかというところです。実はこれですと、せいぜい1990年代前半のレベルなのでありまして、アメリカはそれこそ「失われた20年」になってしまうわけですが、最悪期が年率換算で50万戸を切っていた現実から考えてみれば、よく戻してきたと言えるのではないでしょうか。

この住宅セクター、日本の住宅市場を想像すると間違います。日本よりよほど大がかりな仕組みができており、それにかかわるセールス、広告、更にローンの売りこみ、借り換えを施すセールスなどなど、膨大な人間がかかわるビッグマーケットなのです。

従いまして、雇用面でも製造業(GDPのせいぜい8%)が回復するより、この住宅セクターの回復が与える影響はかなり大きいと考えねばなりません。

次ページアメリカの住宅市場の回復は本物だ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。