13年はアメリカ経済復活元年になる

ぐっちーさんが読むアメリカ

 完全に馬鹿にされていた共和党

また、アメリカにも「今年一番流行った一言」みたいなものがありまして、日本だとたしか「ワイルドだろ~」ってやつが入ったと思いますが、アメリカの昨年の最も流行った一言は、例の「47%発言」(アメリカ人の47%は税金を払っていない)と、「私はアメリカのお金持ちのために政治をするんです」の二つでした。

ありとあらゆるところでこれが1位というのは、完全に馬鹿にされているわけで、この状況で突っ張れるだけのものは、今の共和党にはなかったのです。

ということで、細かい調整はまだ続くでしょうが、財政の崖、元々大した問題ではなかったのですよ。

アメリカはとっくの昔にリーマンショック以前の水準に株価も戻ったわけですし、これに住宅市場が火をつけて、さらにシェールオイルが2020年にはアメリカのすべての燃料の需要を満たすことができ、アメリカがサウジを抜いて世界最大の産油国になるっていうんですから、冗談としてもこれは夢がありますぞ。アメリカの貿易赤字がなくなっちゃったらどうするんでしょうか。

あわててドルを買う価値もあると思いますし、アメリカよもう一度、と言う夢を追って私はブルーチップの超優良企業の株をお勧めしたいと思ってます。え、具体的にはなんだって??

それは自分で考えてくださいよ(笑)。

次ページさてレース予想!ぐっちーさんの注目はあの騎手だ!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。