シェールガス革命がもたらした米国の独走

日本向けLNG価格は下がるか

 「政冷経冷」でも、LNGは間接的に「日中韓共闘」も

最近のガス・LNG(液化天然ガス)関連の国際会議で、必ず議題に上るものがある。

それはアジア向けLNG価格がJCC(日本の通関統計原油価格)にリンクすることに合理性があるのか、との議論である。これらの国際会議においては世界最大のLNG消費国である日本の発表者をメディアが追い、これまで以上にその言動に注目が集まっている。

「一物一価」であるはずの天然ガスが、地域によって価格の隔たりが生じるのは、輸送手段が限定された天然ガスの宿命である。だが、北米でのシェールガスの商業生産開始が「ゲームチェンジャー」となった。この「シェール革命」の結果、北米のみが一人歩きの低価格マーケットを作り出していることが、それ以外のマーケットでの「足元の不機嫌さ」の原因となっている。

昨年の「3.11」(東日本大震災)後の原発停止によって、代替燃料であるLNGへの需要が増加し、LNGのスポット価格が高止まりしたことが、これに輪をかけていることは言うまでもない。

今年9月、経済産業省の呼びかけもあり、LNGの輸入増に起因した貿易赤字を懸念した政府が、わずかな準備期間のうちに世界のLNG主要プレーヤーを一堂に集め、初の「LNG産消会議」を東京で実施したことは記憶に新しい。

枝野幸男経済産業大臣は会議の冒頭で、ガスを取り巻くパラダイム変化の中、「石油価格リンクのLNGとの決別」を宣言した。中国もこれに追随し、11月初旬には上海での国際会議を開催している。大きなうねりとしての、極東アジアからの「情報発信」が始まろうとしているのだ。

天然ガスのマーケットについて、初めての読者の方々も多いと思うので、簡単に仕組みを説明しよう。一言でいえば、アナリストが一般的に分析する世界の天然ガスのマーケットは、EUを中心としたヨーロッパ、日本・韓国を中心としたアジア、北米の3地域に大別されている。

ガスの価格は、それぞれの地域での競合燃料、供給実態によって、歴史的に形成されている。現状、ヨーロッパでは、石油価格に連動した長期契約をベースにしたパイプラインガス価格と、英国のNBP(National Balancing Point)を代表とする「ハブ価格」が共存している。

一方、北米ではHH(Henry Hub)を代表としたパイプラインガスの多数のハブ価格に、アジアではJCC(日本の通関統計原油価格、既出)連動の長期契約をベースとしたLNG価格によって、マーケットが形成されている。 

次ページ3極のマーケットはどう動いているのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT