木村 達三郎(きむら たつさぶろう) Tatsusaburo Kimura
エルエヌジージャパン副社長

1956年、千葉県生まれ。1978年住友商事入社。1990年、湾岸危機勃発時にイエメン、1998年、米軍のイラク空爆時にクウェートに駐在、中東を皮切りに駐在経験を積む。LNG事業ではカタール、インドネシアでのプロジェクトを手掛ける。2008年より、ロンドンに駐在、石油開発生産事業、石油・ガス上流権益取得、M&Aなど石油上流事業に幅広く関わり本年5月に帰国。現在は、住友商事と双日の合弁会社であるエルエヌジージャパン株式会社 代表取締役副社長。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT