日本初のシェールオイル採取--現地ルポ

日本初のシェールオイル採取--現地ルポ

石油・天然ガス開発専業大手の石油資源開発(政府が全株式の34%保有)は10月3日、秋田県の鮎川油ガス田で実施しているシェールオイルの実証試験で、地下1800メートルにあるシェール層からの石油採取に成功した。シェールオイルの採取は国内で初めて。米国ではすでにシェールガス、シェールオイルの本格的商業生産が進み、「シェール革命」とも呼ばれる経済効果を生みつつあるが、果たして日本でも商業生産が可能になるのか。採取現場を取材した。

鳥海山を望む高原地帯、脈打つように石油が

秋田空港から車で南へ1時間余り。名峰・鳥海山を望む由利本荘市内の高原地帯の道から、細い砂利道に入って1キロぐらい行った先にその現場はあった。入口には「鮎川A基地 石油資源開発株式会社 秋田鉱業所・由利原鉱場」と書いた看板が立っている。林が切り開かれたような敷地は100メートル四方ほどの広さか。たくさんのコンテナやタンクと共に一基の大型クレーンが視界に入る。

油井に近づくと、蛇口のようなパイプの先から確かに茶色く濁った液体が、脈打つように勢いよく吐き出されていた。周囲では作業員数人が見守っている。この液体の中に混じっているのが、日本初の掘り出し採取に成功したシェールオイルだ。

現地取材を行ったのは初採取翌日の10月4日(木)だったが、地元紙を含め数人の記者やカメラマンが取材を行っていた。また、山奥の非常にわかりにくい場所にもかかわらず、「日本初と聞き、是非見てみたいと思った」という主婦2人が秋田市内から車で見学に来ていた。「地元でそんなものが出るなんて」とやや興奮気味に話す。地元紙の秋田魁新報はその日の朝刊1面トップ記事で「由利本荘市鮎川油ガス田 シェールオイル国内初採取成功」と、写真入りで大々的に報じていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。