13年はアメリカ経済復活元年になる

ぐっちーさんが読むアメリカ

民間雇用者数像はすでに「リーマン前」上回る

その雇用統計も良く見ると、実はそれほど悪くはないのです。この数字をみてどう思われるか?

実は、おととしの2011年からすでに民間雇用者数は200万人近いレベルに回復しており、これは08年のリーマンショック前の06年より、よほどいい数字なのです。

問題点は一目瞭然で、パブリック、つまり州政府を中心とした公的セクターの年間約30万人の雇用が吹っ飛んでしまい、さらに激しくリストラしていたために民間雇用分を食っていたという姿です。

つまりオバマ大統領にしてみると、民間雇用を増やすことには成功しているのだから、あとは公的部門のリストラさえ終わってくれれば雇用問題は解決できるということになります。

それはある意味で正しく、カリフォルニアに端を発した州政府破たん問題も一服していますし、一方で赤字削減の一環として公立大学の学費を引き上げために、学費倒産という社会問題まで生み出し、賛否は両論ですが、経済収支が合い始めているのは確かです。

こうしてみるとアメリカの民間セクターと言うのは、これだけひどいリーマンショックの後でも順調に拡大していたわけで、その底力はおそるべし、というべきでしょう。

これに住宅セクター雇用、公的雇用削減の終了が加われば鬼に金棒、ひょっとすると雇用状況は急反発するかもしれません。

次ページアメリカ経済は一段と改善する可能性がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。