2012年の日本経済を、競馬と回顧してみよう

凱旋門賞は逃したがノーベル賞はしっかり

日本人の時間感覚は、西欧人のそれとは違って「円」になっているのだそうだ。すなわち、この世に終わりはない。「最後の審判」もない。1年が過ぎると、また新しい1年が始まる。同じ場所を回りつつ、この世は永遠に続くのだ。従って、この国では、「世界の終末を告げるマヤの大予言」特集号に、次号予告が載っていたりする。

競馬人よ、新しい年を迎えるために区切りをつけよう

年の瀬になると、われわれは多大なるコストをかけて1年の区切りをつける。店のツケを払い、大掃除をし、年賀状を書き、買い出しに行く。街には忘年会帰りの酔っ払いが増え、年末ジャンボが売れて、「第九」が流れている。大晦日には「紅白」を見ながら年越しそばを食べる。

何のためか。新しい年を迎えるためである。

思えば「円の時間」という世界観を、最も如実に示しているのが競馬の世界ではないだろうか。有馬記念が終われば1年が過ぎる。そしてまた、年が明ければ中山金杯で1年が始まるのだ(筆者はJRA=日本中央競馬会ひと筋なので、大井競馬場で行われる東京大賞典は買わない)。

間もなく2012年が終わろうとしている。筆者なりに、競馬界今年の10大ニュースを選びつつ、しみじみと行く年を回顧してみたい。まずは10位からカウントダウンして行こう。

次ページまずは10位からカウントダウン
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。