トヨタとマッキンゼー、強さの根源は同じだ

基本中の基本、PDCAを極められるか

PDCAの本質的な意味合いと実践的な方法とは?(写真 :xiangtao / PIXTA)
PDCAは、新入社員研修などでも教えられるビジネスの基本中の基本。しかし、「研修で教えられて、それっきり」「そんな基本を今さら……」という方も多いだろう。身近な言葉でなじんでいるにもかかわらず、これほど単なる掛け声程度にしか使われていない言葉も少ない。
トヨタグループ、マッキンゼーなどを経て企業改革ディレクターとして活躍している経験を著書『PDCAプロフェッショナル』にまとめた稲田将人氏に、PDCAの本質的な意味合いと実践的な方法論を紹介してもらう。

 

私はこれまで、不振企業の再建やV字回復を達成するための企業改革に数多く携わってきました。そこでの私の役割は、戦略立案だけではなく、戦略・改革を起動し軌道入れするディレクターでした。

低迷状態に陥っている理由は「市場との乖離」

トヨタ出身、マッキンゼーきっての実践派と呼ばれた著者による1冊。あなたとあなたの会社のPDCAが回らない理由が見えてくる。書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

そのたびに思うのが、結局、企業が不振・低迷状態に陥っている理由は「市場との乖離を起こしている」の1点に尽きるということです。この「市場との乖離」は、組織としての「市場起点のPDCA」が機能していないために起こります。

不振に陥っている、あるいは、低迷している企業では、企画(Plan)を立案、実行(Do)し、その結果を検証(Check)して学習につなげ、そしてやり方、考え方を進化・改善(Action)させ、次の企画(Plan)の精度を上げるというPDCAの基本動作が、組織として機能しなくなっている実態がすぐに明らかになります。

なぜ機能しないかを見ていくと、「市場(あるいは顧客)は何を好み、何を受け入れていないのか」がよくわかっていない、以前はわかっていたが現在は更新されていない、あるいはあいまいなまま、感覚的な意見がまかり通っていることがわかってきます。結果、社内ではPDCAに基づいた議論ではなく、「議論の空中戦」が横行し、声の大きい人の意見が通るようになり、市場との乖離が起こっているのです。

次ページトヨタとマッキンゼーのPDCAとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT