トヨタとマッキンゼー、強さの根源は同じだ

基本中の基本、PDCAを極められるか

PDCAの本質的な意味合いと実践的な方法とは?(写真 :xiangtao / PIXTA)
PDCAは、新入社員研修などでも教えられるビジネスの基本中の基本。しかし、「研修で教えられて、それっきり」「そんな基本を今さら……」という方も多いだろう。身近な言葉でなじんでいるにもかかわらず、これほど単なる掛け声程度にしか使われていない言葉も少ない。
トヨタグループ、マッキンゼーなどを経て企業改革ディレクターとして活躍している経験を著書『PDCAプロフェッショナル』にまとめた稲田将人氏に、PDCAの本質的な意味合いと実践的な方法論を紹介してもらう。

 

私はこれまで、不振企業の再建やV字回復を達成するための企業改革に数多く携わってきました。そこでの私の役割は、戦略立案だけではなく、戦略・改革を起動し軌道入れするディレクターでした。

低迷状態に陥っている理由は「市場との乖離」

トヨタ出身、マッキンゼーきっての実践派と呼ばれた著者による1冊。あなたとあなたの会社のPDCAが回らない理由が見えてくる。書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

そのたびに思うのが、結局、企業が不振・低迷状態に陥っている理由は「市場との乖離を起こしている」の1点に尽きるということです。この「市場との乖離」は、組織としての「市場起点のPDCA」が機能していないために起こります。

不振に陥っている、あるいは、低迷している企業では、企画(Plan)を立案、実行(Do)し、その結果を検証(Check)して学習につなげ、そしてやり方、考え方を進化・改善(Action)させ、次の企画(Plan)の精度を上げるというPDCAの基本動作が、組織として機能しなくなっている実態がすぐに明らかになります。

なぜ機能しないかを見ていくと、「市場(あるいは顧客)は何を好み、何を受け入れていないのか」がよくわかっていない、以前はわかっていたが現在は更新されていない、あるいはあいまいなまま、感覚的な意見がまかり通っていることがわかってきます。結果、社内ではPDCAに基づいた議論ではなく、「議論の空中戦」が横行し、声の大きい人の意見が通るようになり、市場との乖離が起こっているのです。

次ページトヨタとマッキンゼーのPDCAとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT