470試験を制覇!超絶「資格マニア」の勉強観

誰にも「資格貧乏」なんて言わせない

ただの「資格マニア」で終わらない人は何が違う?(撮影:梅谷秀司)
人は転職やキャリアアップを狙い、さまざまな資格試験に挑戦する。とはいえ、仕事をしながら難関資格の取得を目指すのは並大抵のことではないし、苦労の末に合格したところで、それを生かした仕事で十分な収入を得ることができず「資格貧乏」などと揶揄されたりもする。
だが、通算470もの資格試験を突破してきた「資格マニア」で、「10年後に生き残る最強の勉強術」の著者・鈴木秀明氏は、もっと別の角度の”資格の生かし方”があるという。同じく数多くの資格試験を受けてきた私・鬼頭政人が、鈴木氏の「資格・勉強観」を探ってみた。

 

鬼頭:現在鈴木さんは「資格勉強コンサルタント」として470個の資格をお持ちとのことですが、そもそも資格試験に挑戦し始めたきっかけは何だったのですか?

鈴木:東大在学時、所属していた生協の学生委員会の広報誌があって、そこで資格のコラムを書き始めたんです。そのタイミングで「平成の資格王」と呼ばれる中村一樹さんの本に出会って、30日前後で取れる資格が20個ぐらい挙げられていて。「なんか面白そうだな」と思って受けたのが始まりです。

最低目標は年間50資格

鬼頭:ざっくりと、どんなスケジュールで受験されているのでしょう?

鈴木:取得数は最低限の目標として、年間50程度。その中で、たとえば1年に1つは社労士レベルの難関資格を入れられればと。すると多い月は10個くらい受験するので、土・日と2日連続で試験とか、1日に午前午後で2つ試験を受けるとかもザラです。勉強は、ほとんどの資格は1週間前後で仕上げます。学生の間に取った資格が80くらいで、あとはすべて社会人になってから取りました。

鬼頭:す、すごいですね……。これだけたくさんの資格を並行して勉強するにあたって、モチベーション維持には苦労しませんか? 僕はオンライン学習サービスを運営しているのですが、やっぱり継続させるのは難しい。自ら進んで毎日勉強する人は少ないなと感じます。

鈴木:続けられる人って、強い意志を持っているというより、意識しなくてもできるようになっている人だと思う。僕もそうですが、何もやらないと逆に不安になったり……もはや強迫観念みたいなものがあります(笑)。

鬼頭:毎日ランニングしていると、走らないことが気持ち悪い、みたいな。でも勉強していて「しんどい」と感じることも、もちろんあるのでは?

次ページ複数資格を並行して勉強する具体策
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT