「日差しに負けない肌」をコンビニ飯で作る策

紫外線と相性の悪い食品も知っておこう!

〈みわ子流、紫外線アレルギーから肌を守るコンビニメニュー!〉
●海鮮丼 + ネバネバ野菜のサラダ
マグロ丼やさまざまな海鮮の入った丼もの、握りずしの類に、オクラやトロロ、モズクの入ったネバネバ野菜をプラスしましょう。今の時期なら、海鮮丼にトロロがセットになっているものも探せます。
●こんにゃく(豆腐)麺の冷麺
近年、糖質オフの観点からこんにゃくや豆腐でできた麺の売り上げが伸びており、コンビニの惣菜コーナーにも並ぶようになりましたね。具がセットになったものもありますが、単品のこんにゃく麺を購入する場合は、サラダやゆで卵、カニ蒲鉾などをプラスしましょう。
●ホウレンソウのゴマ和え + 納豆巻き + 魚
ホウレンソウは緑黄色野菜で、ビタミンA・C・Eを含む上、セラミドも含まれます。同じくセラミドが含まれるゴマで和えた定番惣菜に、ご飯は納豆巻きをプラスしてみましょう。真空パックの焼き魚や煮魚も加えると理想的な献立になります。
●スイーツ類
カットフルーツやゼリーでは、マンゴーやビワ、パパイヤなど色の濃いフルーツが入ったものを選びましょう。

 

紫外線アレルギーは痒みや痛みも生じることがあるので、発症すると仕事にも集中できなくなりますね。コンビニへ買い出しに行く、ちょっとした炎天下の外出をするなどもダメージになるので、皮膚を健康に保つ食事を心がけ、症状悪化に繋がらないようにしておきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。