「日差しに負けない肌」をコンビニ飯で作る策

紫外線と相性の悪い食品も知っておこう!

紫外線対策は「体内から」行っておくことも肝要です(写真:naka / PIXTA)

7月はまだ雨や曇りの日が多く、晴れた日との気温差に悩む方も多いでしょう。暑さに慣れていない時期の熱中症の懸念は大きいですが、一方で、夏本番の直射日光に肌が慣れていないことで起こる「紫外線アレルギー」にも注意が必要です。

実は、日頃食べているものや飲んでいる薬が影響してアレルギーを助長することもあるので、気になる症状がある方はチェックしてみてください。

「紫外線アレルギー」には3種類ある

この連載の記事一覧はこちら

「紫外線アレルギー」は正式には「光線過敏症」と呼ばれる皮膚疾患で、大きく分けて3つの症状があります。

■多形日光疹

早い人では春先から症状が表れ、初夏、そして梅雨明け前後など、まだ直射日光に肌が慣れてない時期に起こりやすい皮膚疾患です。体内のタンパク質が紫外線に当たることで変異し、アレルギーを引き起こすもの。日焼け止めクリームや衣類で予防することができます。

■日光じんましん

紫外線のほかに太陽光そのものである可視光線が原因となるじんましんです。強い日差しを受けると、その部分が赤くみみず腫れになり、屋内に入ると、30分ほどで引く即時型のアレルギー。日焼け止めクリームを塗っていても症状が出る場合があります。

次ページ普段使っている薬が原因になることも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT