「メイカーズ革命」は全産業を変える

『MAKERS』著者のクリス・アンダーソン氏に聞く

メイカーズ革命も都市部集中は変わらない

――誰でもメイカーになれる時代になれば、住む場所、働く場所は制約がなくなる。働き方やライフスタイルとかどこまで変わるのか。

産業革命は工場を拠点に起こり、人々は機械のある工場で働くために都市に移り住まなければならなかった。が、それ以前の家内制手工業の時代は、職人たちは自分が住む場所で製品を生産し、それを流通させることができた。

今のメイカーズ革命の「工場」はデスクトップとなり、私たちは大きな設備を持つ必要も、消費地のそばに拠点を構える必要もなくなった点で、家内制手工業時代に戻ったといえる。ウェブのおかげで、スマホを使って簡単にものを作る工場にアクセスできるようにもなった。

しかし、メイカーズ革命の拠点を見ていると、都市部に集中している傾向がある。それは安い労働力や大きな工場があるからではなく、製品アイデアを持っている人やそれを実現するデザイン技術を持った人々が都市部に多いことがあげられる。

日本で見たラボはすべて東京や名古屋など都市部にあるが、それは驚きではない。そういった場所にデザインスキルのある人が多い。クリエイティブな場所で起きやすいのがメイカーズ革命だ。

そういった点はウェブに似ている。ウェブの場合も場所を選ばないが、だいたいにおいてクリエイティブな人がウェブをやっていて、そういう人たちは都市部に住み、ほかのクリエイティブな人々と集まりを形成している。今やモノ作りにとって大切なのは、アイデアやデザイン力で、工場や設備にアクセスがあることではなくなった。

――ところで、『WIRED』誌をやめて、3Dロボティクスの仕事に専念することになった。

『WIRED』には12年以上勤めたし、今回の事業が予想以上に早く成長していることもあって辞めることにした。3Dロボティクスは40人の従業員を抱える企業に成長し、ベンチャーキャピタルからの投資も受けられるようになった。

私の人生における次の章として十分すぎるほど大きく、エキサイティングな事業に育っている。子どもたちの科学の実験がきっかけでメイカーズ革命にかかわり、起業することになって、最終的に専業になる。まさに「有言実行」というわけだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。