インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一、山路達也著

インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一、山路達也著

インクジェットといわれると、誰もがプリンタを思い浮かべるだろう。しかし、この技術は、今ではさまざまな分野で応用されている。

インクジェット技術は、何らかの機能を持った液体を、デジタルデータに基づいて対象物に接触することなく必要な位置に高速で並べていくもの。この技術を応用することで、食品や壁紙などでも、これまで不可能だった印刷ができるようになり、さらに3Dプリンタを使えば、立体物の造形までできてしまう。また、DNAチップや人工臓器など、医療分野での応用も始まっているという。

メーカーで実際にインクジェットプリンタの開発に携わってきた著者らが、驚異の技術革新をリポートする。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。