インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一、山路達也著

インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一、山路達也著

インクジェットといわれると、誰もがプリンタを思い浮かべるだろう。しかし、この技術は、今ではさまざまな分野で応用されている。

インクジェット技術は、何らかの機能を持った液体を、デジタルデータに基づいて対象物に接触することなく必要な位置に高速で並べていくもの。この技術を応用することで、食品や壁紙などでも、これまで不可能だった印刷ができるようになり、さらに3Dプリンタを使えば、立体物の造形までできてしまう。また、DNAチップや人工臓器など、医療分野での応用も始まっているという。

メーカーで実際にインクジェットプリンタの開発に携わってきた著者らが、驚異の技術革新をリポートする。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT