「1964年生まれは、摂生している人が多い」

内村光良が「金メダル男」への思いを語る

――夢にむかって脇目もふらずに突き進む人生もある一方で、内村さんのような人生もあるんだなと。

あの時は、就職先が本当にない時期でした。一応、「お笑いスター誕生!!」を受けることになりましたが、一回戦で落ちていたら辞めていたかもしれないです。でも、ギリギリ受かったんですよ。あれが自分の人生を左右した。「思い出作りだよな」なんて言いながら、のほほんとしていましたが、受かって、さらにその後もトントントンと勝ち上がっていったのが大きかったですね。あの時は、「とにかく無心でいきなさい」というようなことを父親から言われていて、とにかく無心でいきました。欲を出さずに、練習したことをやろうと。だからあの時、もし一回戦で落ちていたらと思うとゾッとしますよね。

お笑いがあるから映画を作れる

――信念に沿って、その道を突き進むタイプと、目の前で起きたことを受け入れながら進んでいくタイプがあると思うのですが、内村さんは後者ですかね?

お笑いに関しては、目の前に偶然現れた仕事でしたけど、そこからはしがみつきましたね。チャンスが来たんだからやるだけやろう、努力はしよう、だからいっぱいネタを書こうと思って、ネタをたくさん書きました。だからギリギリ受かったのかもしれませんね。あの時、怠けていたらダメだったろうと思います。ただ、だからといって、映画しかないんだという頑固さもなかった。そういう意味では柔軟性があったのかもしれません。そこらへんは不思議な巡り合わせだなと思います。

――その生き方は、この主人公にも通じますね。

そうですね。空回りはしてきたけど、思わぬところで一等賞をとったりする時もあるし。でもそれもこれまで頑張ってきたからこそのご褒美かもしれないです。そして、この人は挫折を繰り返してもめげない。一等賞をとるんだという一点でこの人は生きていますから。

――映画監督という仕事は、ご自身にとってどんな位置づけなのでしょうか。

やっぱり中学の時から映画を作りたいということだったので、映画監督はすごく大きな夢です。でもこれはお笑いで頑張ってきたから、映画を作れるんだという意識がある。だからお笑いはおろそかにしてはいけないというのがあります。そんな中で、自分は欲張りだから、今後も映画を作るチャンスがあれば、作り続けていきたいという気持ちはあります。

――主人公・泉一のように転がり続けると。

そうですね。きっと転がり続けるんでしょうね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT