「アリス・イン・ワンダーランド」、なぜ続編?

敏腕女性プロデューサーが語る作品の狙い

前作から6年を経て続編『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が公開中 (C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を原作に、ティム・バートンが華麗なる映像美と独自の世界観で実写化した大ヒット作「アリス・イン・ワンダーランド」からおよそ6年。待望の続編となるファンタジー・アドベンチャー『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が全国で公開中だ。
本作では、ミア・ワシコウスカ演じるアリスをはじめ、ジョニー・デップ演じる帽子屋ことマッドハッター、2人の女王姉妹やチェシャ猫ら、おなじみの人気キャラクターたちが再び登場。悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うために、時間をさかのぼるアリスの冒険を描きだす。さらにサシャ・バロン・コーエンが演じる敵・タイムも登場し、強烈な印象を見せつける。
本作の日本公開に合わせて、『アリス~』シリーズを手がけた敏腕プロデューサー、スザンヌ・トッドが来日。同作の魅力について語った。

前作の記録的なヒットで続編話が浮上

この連載の過去記事はこちら

――この続編をなぜ作ろうと思ったのでしょうか?

そりゃ楽しいからよ(笑)!もちろんわたしたちがこのキャラクターや物語が大好きだということもありますけど、やはり2010年の『アリス・イン・ワンダーランド』が多くの人に受け入れられたということが大きい。もちろん原作は150年間以上にわたってずっと愛され続けている本ですからね。日本にもたくさんのアリスファンがいると聞いていますし、アリスには現代人の心に響く何かがあるんだと思います。

――原作は「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」と2冊あるので、2本の映画にしようと思ったのでは?

最初はそういうことは考えもしなかった。でも前作が記録的なヒットを記録したので、すぐに続編についてみんなが語り始めたんです。そこはハリウッドですから(笑)。ただ、確かに「鏡の国のアリス(Alice Through the Looking Glass)」というタイトルは面白いなと思ったのですが、本の内容自体はチェスのゲームが描写されているもので、これといったストーリーラインがなかったから、ほとんど映画にはならないものだった。だから今回はかなり創作を付け加えています。

次ページ新作が「軽いタッチ」となった背景
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT