松下幸之助は「経営者は人柄」と考えていた

これからの経営者にとって大事なこと

全体のためには、ある人を切らなければならないことがある。そういう時には、気の毒だが断固として切らなければならない。それをやらなければ、組織全体がどうにもならなくなってしまう。「泣いて馬謖(ばしょく)を切る」という言葉があるが、実際にそういうことがあるものだ。

しかし、そんな時にもその人に対してどれほどの感謝の気持ち、情を持てるかどうか。そういう気持ちがないと、切ったことが全体のためにもならないし、その人のためにもならない。結局は自分も恨みを買うだけということになる。

かといって冷静に考えず情で判断すれば、事の決定がいい加減になる。冷静に判断してそのあとも冷静だと、今度は冷たくなってしまう。

やるべきはやる。しかしそれだけではなく、そのあと心を添えてあげる、気配りをしてあげる。それが経営者として、責任者として大事な条件の一つであるということを、松下はまことに平易な言葉で教えてくれたのであった。

人間は偉大である、王者である

今回の締めくくりにふたたび繰り返そう。松下は次のように考えていた。

人間は偉大である、王者である。経営をしていくとき、どの人も王者なのだ、という考え方を根底に持っていなければいけない。そこが大事である。社員の誰に対しても、ああ、この人はすばらしい存在なんだ、偉大な力を持った人なのだと考える。

そう考えれば、この人に意見を尋ねてみよう、この人の話を聞いてみようということになる。あるいはこの人に仕事を任せてもしっかりとやってくれる、信頼できるということになる。発想の根底にこうした人間観がないと、経営は成功しない。

経営者にとっていちばん大事なのは、この人間観である。人間をどうみるか、どうとらえるか。そこをきちんと押さえたうえで経営を進めなければ、大きな成功は得られない。

「きみ、ここはしっかり覚えておかんとあかんよ。まあ、この人間観は経営における第一ボタンやな、早い話が。な、最初かけ違えると、きちんと服が着れんのと同じやがな」

そして、使命感をもって、素直な心で経営に取り組んでいく。そうすれば必ず、成功することができる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT