松下幸之助は「経営者は人柄」と考えていた

これからの経営者にとって大事なこと

あらゆる指導者に大事なのは人柄、と語った松下幸之助氏(撮影者不明)

「いくつかの条件を言ったけど、最後に、これからの経営者にとって大事なことは、なんといっても人柄やな。結局はこれに尽きるといっても、かまわんほどや。経営者にかぎったことやない。あらゆる指導者にはこのことが強く望まれるな。まず、暖かい心というか、思いやりの心を持っておるかどうかということやね」

人柄という、素朴なことを松下幸之助が重視していたことは、強調しておきたい。実際に自分で企業を興し成功させた人ならではの言葉であろう。また、それを世界的企業に成長させた人の言葉であるなら、重みがちがう。

誠実な人柄でないといけない

この連載の一覧はこちら

社員みんなが力を合わせて仕事に取り組んでいる。助け合って心を合わせて一生懸命働いている。そのことに対して、経営者に感謝の思いがあれば、おのずから社員の人たち、部下の人たちへの思いやりの心が湧いてくる。ああ、ありがたい、と部下のことを思いやる、心配りをする、暖かい心を持つ。そういう人柄でなければいけない、ということである。

「それから、誠実な人柄でないとな。ものごとを真面目に考える。一生懸命考える。そしてそれに取り組む」

他人にはとやかく言うけれど、自分はしない人。いいことを言うけれど、自分は実行しない人。人前では真面目にやるけれど、陰では手を抜く人。そういうことでは誠実とは言えない。誠実でもなく、公私のけじめもつけず、それでいていかに自分を偉そうに見せるかということに腐心する。こういう経営者が案外、多いものである。

次ページ部下に責任を押し付けるのは最悪
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT