脱原発と温暖化ガス削減のどちらを優先すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

46.4%が「脱原発」

2011年度の温暖化ガス排出量は前年度比3.9%増となった。原発の稼働停止で排出量が増えたためだ。脱原発政策が進むと、排出量削減の国際公約が未達となる公算もあるが、どちらを優先すべきか。46.4%が脱原発と答えたが差は小さい。

2011年度の温暖化ガス排出量が10年度より3.9%増えました。原発の稼働停止で二酸化炭素(CO2)排出量の多い火力発電が増えたためです。

脱原発政策が加速すれば、京都議定書などにおける排出量計画の国際公約が未達となる可能性もありますが、あなたはどちらを優先すべきだと思いますか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT