脱原発と温暖化ガス削減のどちらを優先すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

46.4%が「脱原発」

2011年度の温暖化ガス排出量は前年度比3.9%増となった。原発の稼働停止で排出量が増えたためだ。脱原発政策が進むと、排出量削減の国際公約が未達となる公算もあるが、どちらを優先すべきか。46.4%が脱原発と答えたが差は小さい。

2011年度の温暖化ガス排出量が10年度より3.9%増えました。原発の稼働停止で二酸化炭素(CO2)排出量の多い火力発電が増えたためです。

脱原発政策が加速すれば、京都議定書などにおける排出量計画の国際公約が未達となる可能性もありますが、あなたはどちらを優先すべきだと思いますか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT