脱原発と温暖化ガス削減のどちらを優先すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

46.4%が「脱原発」

2011年度の温暖化ガス排出量は前年度比3.9%増となった。原発の稼働停止で排出量が増えたためだ。脱原発政策が進むと、排出量削減の国際公約が未達となる公算もあるが、どちらを優先すべきか。46.4%が脱原発と答えたが差は小さい。

2011年度の温暖化ガス排出量が10年度より3.9%増えました。原発の稼働停止で二酸化炭素(CO2)排出量の多い火力発電が増えたためです。

脱原発政策が加速すれば、京都議定書などにおける排出量計画の国際公約が未達となる可能性もありますが、あなたはどちらを優先すべきだと思いますか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。