脱原発と温暖化ガス削減のどちらを優先すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

46.4%が「脱原発」

2011年度の温暖化ガス排出量は前年度比3.9%増となった。原発の稼働停止で排出量が増えたためだ。脱原発政策が進むと、排出量削減の国際公約が未達となる公算もあるが、どちらを優先すべきか。46.4%が脱原発と答えたが差は小さい。

2011年度の温暖化ガス排出量が10年度より3.9%増えました。原発の稼働停止で二酸化炭素(CO2)排出量の多い火力発電が増えたためです。

脱原発政策が加速すれば、京都議定書などにおける排出量計画の国際公約が未達となる可能性もありますが、あなたはどちらを優先すべきだと思いますか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

人気記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。