初値2倍超えも 上場ブームがやってきた!?

スマホ、バイオ系企業が躍進

投資先を厳選するVC

12年に投資先19社をIPOしたベンチャーキャピタル最大手のジャフコ。投資倍率(上場時の初値ベース時価総額/取得原価)はリーマンショック以降1~2倍程度と利益がほとんど出なかったが、足元では2倍超えが目立つ。ジャフコの山田裕介常務は「13年3月期は4~5年の中でいちばんリターンがいい。ただIPO案件は過去には5~10倍取ってきた。2~3倍ではまだ回復途上」と、一段の底上げを目指す。

ジャフコはIPO市場が低迷する中、10年にベンチャー企業への投資方針を変更。それまで年間100社以上に投資していたが、今は厳選して30~40社に絞っている。一方、1社当たりの投資額を大きくして持ち分シェアを高め、投資先の経営に一段とコミットする手法に転じた。こうした方針で育成した企業が今年以降、表舞台に登場する予定だ。

山田常務は「IPO全盛時代は玉石混淆だった。すぐにおかしくなる企業も目立ち、全部がマーケットに出てよかったかは疑問だ。これがIPOの閉塞感につながったことは否めない。今後はしっかりとリサーチして質の高い企業を市場に送り出していく必要がある」と話す。

一方、IPOを目標にしない企業も増えた。ジャフコが12年に手掛けたエグジット(投資資金回収手段)はM&AがIPOを上回った。米国はエグジットの8割がM&Aとされ、IPOはむしろ少数派だ。「昔のようにIPOにロマンを感じる経営者が多いわけではない。日本も少しずつ米国型になりつつある」(山田常務)という。

今年のIPOは60社前後と4年連続で増えそうだ。ただ、それでもリーマンショック前の半分程度にすぎない。野村証券の大村次長は「日本の経済力から見れば100社以上が上場しても不思議ではない。あとは景気次第だ」と指摘する。100社時代が再来する日は来るのか。

(週刊東洋経済 2013年1月12日号

(撮影:尾形文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT