ネットでの評判が気になる人、ならない人

結局、みんなが知りたいのは他人の年収だ

みんなの興味関心は、おカネに関する話です(中川氏)
ネットコミュニティでの評判がつねについてまわる現代。本を書き、メディアで発言する速水健朗さんと中川淳一郎さんは、その評価社会とどのように付き合い、どこにコストを払ってきたのか? 『東京どこに住む?』×『節約する人に貧しいひとはいない。』対談後編。
※前編:「デキない人は『住む場所』へのこだわりがない」

みんなが知りたいのは他人の年収

速水 健朗(以下、速水):『節約する人に貧しい人はいない。』(幻冬舎)には、中川さんの金銭感覚や価値観がどのようにして身に付いたものなのか、年収がどのように推移していったのか、といった話がかなり事細かく書かれている。もう、すべてを曝け出すような勢いなんだけど、そこまで具体的に書き込む必要はあったのかなぁ。

中川 淳一郎(以下、中川):カネの話を書く本だととらえていたから、そのあたりは赤裸々に書き込もうと初めから思っていましたよ。そもそもオレ、隠しごととかしたくないんですよ。それに、みんながいちばん知りたいことって、間違いなく「オマエの年収いくらなんだよ」ってことですから。なんだかんだ言ったところで、最終的にはカネに関する話がもっともウケます。

速水:そうなの?

中川:宣伝会議の「編集・ライター養成講座」で講師をやらせてもらっているんですけど、本講座に入る前の特別講座──事前のお試し講座みたいな場でしゃべるとき、オレは必ず自分の収入の変遷について話します。そして、フリーライターっていくらからいくらぐらいまで稼げるものなのか、どの程度の人が40歳になるまで生き残れて、収入の実態はどんな状況なのか、といった厳しい現実を隠すことなく伝えます。そして結局、その手の話がもっとも食い付きがいいんですよね。トークイベントみたいな場でも、それは同じです。

次ページツイッターでクソリプを飛ばされたら…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT