注意!ネットでは「怒りの集団感染」が起きる

なぜ、あなたの周りで「炎上」が多発するのか

ネット上でのコミュニケーションにおいて「感情感染」が大規模なレベルで発生することがわかってきた(写真:master1305 / PIXTA)
この連載の一覧はこちら

前回前々回とネットにはびこる「不寛容」について触れた。これまで潜在していた人間の本能的制裁欲求や承認欲求がむき出しになるインターネット空間で、人と人との関係性がきしみだしている印象を受けるが、その処方箋は果たしてあるのか。

そこにたどり着く前に、今回は、ネット上でのコミュニケーションの特質についてもう少しだけ、掘り下げてみたい。

文体が違うと受ける印象が様変わり

一体、日本はどういうことになっているのか。一億総活躍社会ではなかったのか。昨日、私は保育園の抽選に落ちた。
どうすればいいのか。これでは私がキャリアを積む可能性は閉ざされてしまう。子供を産んで、子育てをし、社会に出て働いて税金を納めているのに、一体、何が問題だというのか。
少子化が騒がれているが、子供を産んでも、希望通りに子供を保育園に預けるのはほぼ無理、という状態では、子供は安心して産めない。…(後略)

 

皆さん、見覚え、聞き覚えがあるかもしれない。そう、匿名ブログに書かれ、大きな話題となった「保育園落ちたの私だ」と同様の主旨の文だ。例えば、新聞の投稿欄用に書かれていたとしたら、こんな感じの文体になっていただろう。ただ、受ける印象は全く違う。もし、上記のような文体で書かれていたら、あれほど世間を動かしていただろうか。

あの文章の破壊的パワーの源は、個人の声がそのままぶちまけられたような生々しさだけではない。なにより、乱暴な言葉でつづられた「とてつもない怒り」だ。「日本」を擬人化し、「なんなんだよ」「じぇねーのかよ」「クソ」「ふざけんな」などと荒々しい憤りを叩きつけた。ネット上では、「天下の正論」と言わんばかりに取り上げられる向きもあったが、その激しい語調に違和感を覚えた人も少なくなかったはずだ。

次ページ大きな影響力があるのは「感情」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT