わが子を英語ができるように育てるには(上) 日本で学んで達人になる少数派の秘密

印刷
A
A

TEAPとTOEFLはどう違うのか? 

前回お伝えしたように、日本でも大学入試で4技能を試す資格試験、TEAPが始まり、2015年から上智大学の一般入試で導入される予定で、将来は統一試験として多くの大学が採用することも視野に置かれているというお話をしました。

よく、皆さんからいただく質問は、現在文科省が大学入試で使用することを進めているTOEFL試験との違いです。「TOEFLとどう違うのか?」「TOEFLで十分ではないのか?」という質問です。

最近ではTOEFLをAO入試の条件にする大学も多くなってきました。これは歓迎すべき動きだと思います。TOEFL試験は、外国人の英語学習者を対象に米国のテスト作成期間ETSによって作成された4技能検定です。最もクオリティーの高い英語試験のひとつとして世界中に普及しています。

しかし、問題は、TOEFLのレベルが、日本の一般の高校生には高すぎるということです。たしかに、TOEFL試験のレベルは、超トップ層の青田刈りやエリート育成にはたいへん効果的なものの、ボリュームゾーンの選抜には高すぎるのが実情です。

一方、TEAPは日本の国情に合わせたレベルに設定されているので、将来、日本の知的中核を担うであろう、中堅〜難関大受験者層をきれいにカバーすることができます。その裏付けとして、日本の英語テスティングの老舗である英検協会に蓄積された膨大なデータが難易度調整のベースとなっています。

私自身は、日本の英語教育の核となっている大学入試の英語を、米国の試験に依存するのではなく、中心となる資格試験は、わが国発のものであってほしいという希望も持っています。

ちなみに、社会人にはおなじみのTOEIC試験は4技能合わせて使用された場合、たいへん優れた試験ではあるものの、ビジネス英語能力を試す試験で、大学で求められるアカデミック英語の試験ではありません。こちらを大学入試で用いるのは非現実的であると感じます。

 (構成:山本航)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT