三菱商事の主力部門シンガポール移転のワケ

大手商社も「さらば日本」で空洞化に拍車?

どこの企業も法人税を払いたくないといっているのではない。有効にして公平、かつ合理的な税金の使い方ができていれば、誰も文句は言わないはずだ。

だが日本の政治の混乱や行政の無為無策を見ていると、責任感の強い経営者なら身を割かれる思いで海外移転を考えざるをえないのだ。

誰が好んで住みにくい海外移転などをするものか。だが、従業員の雇用を守り、企業を生き残らせるためには仕方がないのだ。

もちろん、こうした批判をする場合、日本の法人税が大変複雑で、単純比較はできないことは承知している。大手企業には一般的に、優遇税制の利用があるからだ。たとえば、トヨタ自動車やホンダなどの大手自動車メーカーでは、試験研究費税額控除が5~10%はある。また、総合商社では外国税額控除や受取配当益金不参入の効果などで、実質的にはすでに20%以上の控除を受けていることもわかっている。

問題は中小企業だ。大企業に比べ、体力もないから税制優遇制度への手の打ちようがないことである。日本経済を支えているのは中小零細企業であることを政府は忘れてもらったら困る、といいたいのだ。

さて、目を日本企業から、「受け入れる」側のシンガポールに転じよう。同国は、これまでも貿易・海外事業拡張・観光促進企業向け優遇措置を次々に打ち出しているが、特に魅力的な施策はグローバル・トレーダー・プログラム(GTP: Global Trader Programme)である。

国際貿易に携わる会社で、シンガポールをオフショア貿易活動の拠点として位置づけ、経営管理、投資・市場開拓、財務管理、物流管理の機能を有する会社は、収益に対する法人税に5%または10%の軽減税率が適用されるのである。

日本にいたら40%の法人税が付加されるのが、シンガポールに移転すれば、条件次第で5%~10%の法人税で良いというのだからシンガポールへの移転を誰だって検討したくなるのは当然である。

次ページシンガポールにも実は切迫した事情がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT