命をかける覚悟がなければ経営者になるな

松下幸之助が経営について考えていたこと

経営者は、数人、数百人、数万人の社員とその家族の生活を、あるときには生命すら左右する存在である。だとすれば、「経営者は仕事に没頭し、人生から仕事を引いたらゼロになってもいい」というほどの覚悟と実践がなければならない。そしてまた、それだけの価値があるものなのだということを松下は体現し、経営のために命を落としても、それは本望であると考えていた。

そういうことでは身がもたないという人は、およそ経営者になるべきではない。ひとつの会社のなかで全員がそう考えるべきだとは言わない。しかし、少なくとも会社の最高の指導者になった人たちには、その覚悟がいる。他の社員と同じように、遊びに行きます、休みもとります、ということではどうにもならない。

組織の最高指導者ぐらいは先憂後楽の心掛けが必要

「先憂後楽(せんゆうこうらく)という言葉があるやろ。せめて一つの組織の最高指導者ぐらいは、先憂後楽の心掛けで、その会社に命をかける思いがなければ、経営はうまくいかんね。社員と同じように、遊びとか休みとか言っておって、なおかつ経営が成功するなどということはありえないことや。経営というのはそんな簡単なものではないわ」

およそ経営者たる者は、「人より先に憂い、人よりも後に楽しむ」ということでなければならない。人が遊んでいても自分は常に働いている。遊んでいるようでも頭は常に働いている。先憂の志があればそうなるものである。先憂を広義に解釈すれば、発意ということにもなる。誰よりも先に発意し、案ずるものを持たなければいけない。

ある講演では次のように話した。

「自分はこの仕事に命をかけてやっているのかどうかと、これまで困難な問題に出くわすたびに自問自答してきました。そうすると、非常に煩悶(はんもん)の多いときに感じることは、命をかけるようなところがどうもなかったように思われるのです。それで、心を入れかえてその困難に向かっていきました。

そうすると、そこに勇気がわき、困難も困難とならず、新しい創意工夫も次つぎと起こってくるのです。そういう体験をたくさん持っています」

次ページ部下のために死ぬ覚悟
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT